Wildlife Rehabilitator Assosiation
野生動物リハビリテーター協会について

 野生動物リハビリテーター協会(WRA)の目的   
  野生動物リハビリテーター協会は、傷ついた野生動物の応急手当・リハビリなどのボランティア活動を、市民・獣医師・関係機関などの様々な人たちの連携により実施し、野生動物保護・自然環境保全に寄与することを目指しています。
 

 

 

野生動物リハビリテーター協会の構成

 

  • WRAは会員により構成されています。当会の趣旨に賛同し入会を希望する方は年会費を納入頂くことでどなたでも会員になれます。

 ※野生動物リハビリテーター協会 会則ページへ

  • リハビリテーター初級認定登録される方は同時に協会への入会をお願いしています。
  • 油汚染ボランティアへの登録は、同時に協会への入会をお願いしています。
 

【会員】 

*当会の目的に賛同した方。
*総会での議決権を有します。
*年会費3,000円
 
  

 会員申込フォームはこちら LinkIcon

  

 
 本会が認定する技能 

種 別 習得方法
リハビリテーター初級  リハビリテーター初級講座を受講し、試験に合格された方。
 当会にご登録・入会いただき、野生動物の里親、リハビリにご協力ください。
 登録料5,000円(初回のみ、更新費用なし)
油汚染鳥救護
ボランティア
 油汚染講習会を受講された方。
 油流出事故の際、協力を要請させていただきます。
 本会へ入会し、ボランティアとしてご登録ください。

事業内容について

  傷ついた野生動物を助ける

 ① 野生動物リハビリ事業

 ② 油汚染・大量死対策事業

  野生動物保護の意識を高める

 ③ 会員交流・野生動物保護に関する普及啓発

  野生動物をとりまく状況を知る

 ④ その他、調査研究など

       事業内容の詳細はこちらへ LinkIcon

 
 
 

リハビリレポート・コラム

 

 

<傷病野生動物リハビリ報告シート> 随時募集中

会員の皆様から『傷病野生動物リハビリ報告』を随時募集しております。 
報告内容については下記「傷病野生動物リハビリ報告シート」をご参照ください。
多くのリハビリデータを収集し今後に役立て行くことが目的です。

そのためリハビリ成功例だけではなく、リハビリできなかったものや時間が経っているものでも構いません。
会員の皆様のご協力をお待ちしております。
 
[提出方法] 
 E-MAIL:<info@wra-hokkaido.org>へ写真もあれば一緒に添付してお送りください。
  郵 送 : 〒064-0917 
      札幌市中央区南17条西10丁目 石山通り動物病院内 WRA事務局
[問合せ先] 
WRA事務局 電話:011-378-9057(佐藤)  
      e-mailinfo@wra-hokkaido.org
 

講習会のお知らせ

イベント内容の紹介

会員向け勉強会

会員限定の勉強会を実施しています。
また関連する勉強会をお知らせしています。

会員交流事業

会員の交流を図る交流事業を実施しています。
2013年には天売島にウトウ見学に行きました。

講演会

講師をお迎えし講演会を開催しています。
2014年には創立10周年を記念事業として猛禽類医学研究所代表 齊藤慶輔先生をお迎えしました。

2018年6月11日(月)  ~7月30日(月)
毎週月曜日 午前9時から (講義約1時間、標本観察約1時間)

2018年度 当会指定講座
「獣医の卵たち」による哺乳類・爬虫類の公開勉強会

昨年度に続き「獣医の卵たち」による勉強会が開催されます。今年度は鳥類を中心としたプログラムになっています。
この授業は医学、獣医学および保全生態学の学際「保全医学」の側面から話題提供をするものです。話しの後には野生動物医学センターWild Animal Medical Center(WAMC)で剖検され、その後仮剥製にされた多数の標本の観察もあります。希望者にはWAMCで入院中の動物を観察していただくことも検討します。

2017年7月9日(日)

森田正治先生を囲んでの交流勉強会

当協会の創設者である森田先生は中標津町の森田動物病院において治療の傍ら道東野生動物保護センターを設立し傷病鳥獣の野生復帰に取り組んで来られました。これまでの様々な保護活動や教育のお話をお伺いながら会員同士の情報交換が行なわれました。(2018年6月19日森田正治先生はご逝去されました。ご冥福をお祈り申し上げます。)

2017年2月25日(土)

2017年度野生動物リハビリ講演会
『知っているようで誤解だらけのカラスの話』 ~もっとカラスを知ろう~

NPO法人 札幌カラス研究会代表理事である中村眞規子さんをお迎えして、カラスの生態についての講演会を実施しました。

2016年9月18日(日)

2016年度 会員向け勉強会
『鳥獣保護管理法のしくみ “鳥獣の捕獲の許可”について他』

環境省 北海道地方環境事務所から講師をお迎えし、当協会の活動に深く関わる鳥獣保護法について学ぶ勉強会を開催しました。

2015年4月18日(土)

2015年度 会員交流事業
~in酪農学園大学 野生動物医学センターを開催しました。

2年ぶりの開催となりました交流事業は酪農学園大学・野生動物医学センターを見学しました。浅川先生の指導の下、鳥類基礎講座と標本作製の実習を行いました。