REHABILI REPORT

リハビリレポート No.1

天塩町の河瀬さんからのリハビリ中の幼鳥と無事放鳥できたエゾフクロウのリハビリ報告を紹介します。

窓から外を覗いている様子

幼鳥

平成23年4月22日早朝、天塩町市街地の町道脇で蹲っているところを新聞配達のオジサンに拾われました。 この子は、自宅隣の無線赤十字奉仕団事務所で保護しています。林(国有林)が直ぐ近くですから、毎日様々な野鳥類がインコの残餌給餌台にやってきます。
朝露に濡れて汚れていましたが、骨折等はしていない様でした。
保温・給水のあとで餌としてワームとインコ用のヒエ・アワを与えました。暫くはワームもヒエも食していましたが、2週間ほど経過してからは、ワームは殆ど食べなくなり、インコ・カナリヤ用の餌とレタスばかりを好むようになってしまいました。勿論ワームも与えていましたが、籠の外に放り投げるようになってしまったので、それ以降ワームは与えないことにしました。
6月に入ってからは、リハビリを兼ねて事務所内を自由に飛び廻ることが出来るよう籠の扉を開けていますが、時折開けた事務所の窓から外に飛び出しては行きますが、何故か事務所に戻ってきます。
渡りの時期も過ぎてしまいましたので、来春の放鳥を目指し人馴れしないようリハビリを続けます。

 

果たしてこの子は何でしょう

    

後姿はこんな感じです。

   

 
 

エゾフクロウ

平成23年10月7日午前9時30分頃、天塩町郊外の牧場に設置している鹿除けネットに絡まっているところを保護されました。
ダンボール箱に押込まれ小さく見えましたが、翼長は130cm程ありました。帰宅して大型鳥用のゲージに移し、水を与え鶏肉とマグロの切身を与えましたら、夜の間に結構食べたようでした。
翌朝、自宅に居るオウム(ソロモンオウム・2歳7ケ月)と窓越しにご対面させたところ、どちらも警戒心丸出しで「威嚇ごっこ」でした。この動作の中でフクロウの眼・翼・脚・爪などの状態を確認しました。結果は、目立った外傷や身体の何処かを庇うような仕草は全く見られませんでしたので、早期の放鳥を計画し、天気の安定していた9日夕方にそばの国有林へ放鳥しました。
我家には、毎年猛禽類(主にフクロウ・アオバズク)が運ばれてきますので、夏場はスーパーハウス内でリハビリをしています。時々車庫に出没する野ネズミを籠で捕まえて餌にしますが、今回はその必要もありませんでした。(冬季間は無線赤十字奉仕団事務所内でリハビリです。


 

放鳥前のエゾフクロウ

  

放鳥後こちらを見下ろしている様子


COLUMN

斉藤 聡 先生 の コラム

高病原性鳥インフルエンザ情報 201611月

2016年は年度初頭より、鳥インフルエンザの人間への感染が世界各地で報告されております。アフリカ、ヨーロッパ、東南アジア、China中国、オーストラリアで高病原性といわれるH5とH7血清型タイプの人の患者の死亡が確認されています。
H5血清タイプでは死亡が60%とアメリカCDCにより警告されています。
しかし、低病原性といわれるH9血清型でもChina中国では複数の重体患者の報告がありその後回復したかどうかは不明です。
鳥インフルエンザ ウイルスは、世界の 100 以上の異なる種の野鳥から分離されています。高病原性が、分離されたウイルスの大半は低病原性鳥インフルエンザ A ウイルスをされています。
カモメ、アジサシ、シギ ・ちどり類、カモなどの水鳥、ガチョウおよびハクチョウは、鳥インフルエンザ ウイルスの潜在宿主と見なされます。
昨年度から、北米でカモ類の野鳥とアヒルの家禽の間で、H5血清型の鳥インフルエンザウィルスが大規模流行し、2016年でもアラスカのmallard duckカモで発生が確認されていました。
日本では秋になり渡り鳥が南北から飛来します。私は先の情報をもとに今年の秋の鳥インフルエンザの発生に警鐘を鳴らしていました。そして先週、新潟県と青森県では養鶏場などで飼育されているニワトリやアヒルの死体から鳥インフルエンザウイルスH5血清型が検出され、50万羽以上の処分が行われることになりました。
野鳥の侵入を防ぐことは困難で、集団に感染が広がれば、養鶏農家などに多大な被害が出ます。また、アジアやヨーロッパでは飼育場の人にも死亡患者が報告されています。
従来、鳥インフルエンザは人に感染しないとされ、ヒトインフルエンザと区別されていました。このウィルスは野鳥の体内では病気を引き起こしません。ところが何らかの変異を遂げたこのウィルスは、鳥類に対して高い病原性を獲得し「H5型」や「H7型」と呼ばれる鳥インフルエンザウイルスになりました。そして、今では鳥から人へ感染し、さらに人から人へ感染する可能性をWHOでは警告しています。
日本での流行はウィルスを体内にもつ渡り鳥が、シベリアから北海道を経由し南下するルート、極東ロシアから日本海を横断して東進するルート、中国大陸から朝鮮半島を経由するルートの三つのルートをとって入り、日本の湿原などにて排便をした際にフン中のウイルスが拡散し、留鳥や家禽に感染すると考えられます。
留鳥のスズメに感染した結果、スズメが養鶏場に侵入することで感受性の高いニワトリが大量感染した疑いがもたれています。
また、感染したニワトリの死骸を食べたカラスが死亡した例があります。
感染する鳥として環境省は、
・カモ科 ・タカ科 ・ツル科  ・フクロウ科  ・カモメ科  ・ウ科
・サギ科 などをリスク種として挙げています。これは単に発見する可能性が高いという意味で、感受性が高いということではないと思われます。
 

HPAI_watariroute.pdf
 

 
 
現在、複数の個所から複数の感染が確認され、環境省は対応レベル3とし、国のマニュアルでは、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場から半径3キロ以内の養鶏場にニワトリや卵の移動を禁止するとともに、3キロから10キロの範囲にある養鶏場に対しては域外への出荷などを禁止する対策を行うことになっています。
会員の皆様へ
・もし、屋外で野鳥の死骸を発見した場合には鳥には触れず、その地の役場に連絡してください。 主に家畜保健所にてウィルスの検査を実施します。高病原性鳥インフルエンザは法定伝染病であるので、国の機関は24時間対応で直ちに所定の検査や防除を行う義務があります。
・もし集団で弱っている鳥や死骸を発見した場合には、鳥インフルエンザの可能性が高いと考え、周囲の鳥を探したりせず直ちにその場を離れ役場などに連絡してください。野鳥は警察の管轄外ですので間違えませんように。
・野鳥での発症データは不明ですが、ヒトでは発症前の1日から7日前に感染したと考えられ、感染後3から7日で発病するといわれています。野鳥でも同様な期間と考えてください。
・対応をよくわかっていない役場では、袋に入れて持ってきてなどというかもしれませんが、それは危険ですので当該役所に対応してもらってください。感染鳥を移動した場合、また、足を踏み入れたことにより汚染場所が広がる可能性があります。
・当院でも簡易キット検査はできますが、緊急用ですので対応いたしておりません。
・ペットの鳥は屋外の鳥と接しない限り、感染することはありません。
・万一、感染した鳥を食べた場合でも70度以上に加熱していれば感染することはありません。風評被害になりませんように。
               
               石山通リ動物病院   斉藤 聡
 

浅川 満彦 先生 の コラム

エゾフクロウ動物看護学の最新解説が刊行されました。 

『生物科学』(農文協)で動物看護学特集が刊行されました。WRA会員の皆様にも関心のある方が多いと思われますので紹介させていただきます。


 浅川はこの雑誌の副委員長で、しかも、2017年から3年間、動物看護学の学類に出向しているので、企画をしました。幸い、優れた著者陣に恵まれ素晴らしい内容となりました。
 動物看護学系の大学は国内に9つあり(専修学校は70以上)、今、体系化された教育課程が準備されつつあります。また、動物看護学が独立した科学たり得るのは、固有な研究が包含されるからです。大学とは研究を基盤に教育をする場ですから、動物看護学は、飼い主や動物と関わる様々な人・社会と向き合う実践科学です。これが、病気で手一杯となっている獣医学と異なった、特色の一つと思います。実は、この側面は野生動物救護活動でも通ずるものがあります。この機会に、是非、ご注文下さい。
 
農文協『生物科学』ホームページへ 外部サイト
 
浅川満彦 
酪農学園大学獣医学群獣医看護学類獣医寄生虫研究室
2018年4月