会則 of 野生動物リハビリテーター協会


HOME > 会則

野生動物リハビリテーター協会 会則

(名称)
第 1 条   この会は、野生動物リハビリテーター協会(以下「本会」という)と称する。

(目的)
第 2 条   本会は、野生動物リハビリや傷病手当等のボランティア活動を通して、野生動物
      保護と自然環境保全の推進と教育に寄与すること。

(事業)
第 3 条   本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
     (1)野生動物リハビリテーター認定講座や講演会等の開催に関すること。
     (2)野生動物の油汚染や大量死等の緊急対策に関すること。
     (3)野生動物保護や自然環境保全の推進と普及に関すること。
     (4)会員の交流、会報、ホームページ等の広報に関すること。
     (5)野生動物の医療及び看護器具、餌等の取り扱いに関すること。
     (6)野生動物リハビリテーターの認定に関すること。
     (7)その他

(会員)
第 4 条   本会の会員は、第2条の目的に賛同し、事業に協力する者とする。
     2.本会に入会する者は、入会申込書を事務局に提出する。なお、入退会については
      随時行えるものとする。

(役員)
第 5 条   本会に次の役員を置く。
     (1)会長(理事長を兼ねる)   1名
     (2)副理事長          3名以内
     (3)事務局長          1名
     (4)理事           若干名
     (5)監事            2名
     (6)幹事           若干名
     2.本会に、顧問を置くことができる。

(役員の任務)
第 6 条
     1.会長は、本会を代表し、会務を総括する。
     2.副理事長は、会長を補佐する。
     3.事務局長は、日常的な事務を総括する。
     4.理事及び幹事は、本会の会務を推進する。
     5.監事は、本会の会務及び会計を監査する。

(役員の選出及び任期)
第 7 条   理事、幹事及び監事は、前任理事による理事会において選任し、また会長、副理
      事長は、その理事の互選によるものとする。
     2.会長は理事を兼ねるものとし、第5条に定めた理事の定数に含まれる。
     3.役員の任期は2年とする。但し、補欠により選任された役員の任期は、前任者
      の残存期間とする。

(事務局)
第 8 条   本会の事業の運営を行うため、事務局を置く。
     2.事務局長は、事業の運営のため事務局次長を選任することができる。
     3.本会の事務局は、札幌市及びその周辺に置く。

(会議)
第 9 条   本会の会議は、総会及び理事会とする。
     2.総会は年1回、臨時総会は必要に応じて会長が招集する。理事会は必要に応じて
      会長が招集する。
     3.総会は次の事項を審議する。
     (1)事業計画及び収支予算
     (2)事業報告及び収支決算
     (3)会則の改廃
     (4)その他、会長が必要と認めた事項

(会計)
第10条   本会の経費は、次の収入をもって充てる。
     (1)会員からの会費
     (2)補助金及び交付金
     (3)寄付金
     (4)その他の収入
     2.会計規則を別に定める。

(事業及び会計年度)
第11条   本会の事業及び会計年度は、1月1日に始まり12月31日に終わるものとする。

(その他)
第12条   この会則に定めるもののほか、必要な事項は会長が別に定める。

附則
 この会則は、設立総会の2005年1月9日から施行する。
附則
 この会則は、2008年1月20日から施行する。
附則
 この会則は、2011年1月30日から施行する。