リハビリレポート1

HOME > コラム > reharepo1

リハビリリポートno.1

天塩町の河瀬さんからのリハビリ中の幼鳥と無事放鳥できたエゾフクロウのリハビリ報告を紹介します。

幼鳥

CIMG1450.JPG窓から外を覗いている様子平成23年4月22日早朝、天塩町市街地の町道脇で蹲っているところを新聞配達のオジサンに拾われました。

この子は、自宅隣の無線赤十字奉仕団事務所で保護しています。林(国有林)が直ぐ近くですから、毎日様々な野鳥類がインコの残餌給餌台にやってきます。

朝露に濡れて汚れていましたが、骨折等はしていない様でした。
保温・給水のあとで餌としてワームとインコ用のヒエ・アワを与えました。暫くはワームもヒエも食していましたが、2週間ほど経過してからは、ワームは殆ど食べなくなり、インコ・カナリヤ用の餌とレタスばかりを好むようになってしまいました。勿論ワームも与えていましたが、籠の外に放り投げるようになってしまったので、それ以降ワームは与えないことにしました。
6月に入ってからは、リハビリを兼ねて事務所内を自由に飛び廻ることが出来るよう籠の扉を開けていますが、時折開けた事務所の窓から外に飛び出しては行きますが、何故か事務所に戻ってきます。
渡りの時期も過ぎてしまいましたので、来春の放鳥を目指し人馴れしないようリハビリを続けます。

ノビタキ雄の幼鳥かと思われますが、どなたかお分かりになる方お知らせください。


後姿はこんな感じです。.JPG後姿はこんな感じです。果たしてこの子は何でしょう?.JPG果たしてこの子は何でしょう。


エゾフクロウ

平成23年10月7日午前9時30分頃、天塩町郊外の牧場に設置している鹿除けネットに絡まっているところを保護されました。
ダンボール箱に押込まれ小さく見えましたが、翼長は130cm程ありました。帰宅して大型鳥用のゲージに移し、水を与え鶏肉とマグロの切身を与えましたら、夜の間に結構食べたようでした。
翌朝、自宅に居るオウム(ソロモンオウム・2歳7ケ月)と窓越しにご対面させたところ、どちらも警戒心丸出しで「威嚇ごっこ」でした。この動作の中でフクロウの眼・翼・脚・爪などの状態を確認しました。結果は、目立った外傷や身体の何処かを庇うような仕草は全く見られませんでしたので、早期の放鳥を計画し、天気の安定していた9日夕方にそばの国有林へ放鳥しました。
我家には、毎年猛禽類(主にフクロウ・アオバズク)が運ばれてきますので、夏場はスーパーハウス内でリハビリをしています。時々車庫に出没する野ネズミを籠で捕まえて餌にしますが、今回はその必要もありませんでした。(冬季間は無線赤十字奉仕団事務所内でリハビリです。

エソ゛フクロウ.JPG放鳥後こちらを見下ろしている様子CIMG1446[1].JPG放鳥前のエゾフクロウ

12345